上越市立水族館&春日山城
(うみがたり)

9月26日

 

小さい写真は大きくなります

新潟に行くのは10数年ぶりです、でも上信越道を使えば2時間30分もせずにもう日本海です!
今年6月にリニューアルした水族館を楽しみに来ました
朝ごはんを食べたのに着いた途端”お腹が空いた〜”という輩のせいで、
館内の大きな水槽があるカフェで一息します
3階から見学が始まります、いきなりシロイルカがお出迎えです
全身が木綿豆腐のような柔らかさだそうです
顔の表情も豊かです、ジャンプは苦手だそうですが、口で水の輪っかを作るのは得意です
日本海が見える手前の巨大水槽がイルカたちのプールになっています
2人のお姉さんの言う事を聞いて、次々にパフォーマンスをしてくれました
2階は海中トンネルがあったり、小さい水槽にさまざまな魚達が泳いでいました
ホース菅から出たり入ったりするうなぎが妙におもしろかったです
建物の外のプールや緑地帯は開放的なマゼランペンギン達が思い思いに泳いだり、日向ぼっこしたり
うしろが海になってるので、一体感がありました
お昼ご飯は、もちろん海鮮ものです
午後からは上越市観光に出掛けます
地図の右下にある、五智国分寺と、真ん中あたりの林泉寺
その上の春日山神社から春日山城址を歩こうと思います
越後国国分寺を継承し、上杉謙信が移転、再興したそうです
三重塔は越後地方で唯一残ってるそうです
親鸞聖人が越後に流罪になった時の草庵がありました
次に越後領主の菩提寺である、林泉寺に行きました
上杉謙信が7歳からここに預けられ修業したそうです
本堂の左側の小高い場所に墓所がありました
本堂の右側には宝物館もあり毘沙門天や”義”の旗などありました
林泉寺のとなりに標高180mの春日山が見えていました
車で中腹まで登ると、
謙信公の銅像と春日山神社があり、そこから本丸まで20分ほどを歩いて登ります
から堀や土塁を見ながら、二の丸を過ぎると、日本海と平野や山々が見えてきました
本丸跡と天守跡に着きました、ここからも景色が一望できます
山の地形が複雑で、それをうまく利用した難攻不落の城だったようです
帰りの道は謙信が籠ったといういう護摩堂や直江屋敷跡などを巡りながら下りました
春日山の中腹にある春日山神社に参拝して帰りました
上越に広がる田んぼは稲刈りの真っ最中でした、思わず新米を買ってただ今、美味しく頂いております
今度は日本海に沿って、北上してみるのもおもしろそうです