富士山のすそ野で滝と神社と深海水族館

6月 1日

 

小さい写真は大きくなります

甲府から朝霧高原経由で、寄り道しつつ沼津市まで行きます
1時間30分ほどで小休止、富士山が雲のショールをかけて出迎えてくれました
そこから15分ほどで、富士宮市の”白糸の滝”に着きました
ここも世界遺産になった富士山の構成資産だそうです、伏流水ですもんね
白糸の滝と同じ台地を隔てて、”音止の滝”もあります
落差は25mだそうです、木々の間からしか見えないので、ちょっと残念
5分ほど歩くと同じ台地から落ちる、”白糸の滝”が見えてきました
高さは20mで、幅は150mもあるそうです
あたりの空気が一気に涼しくなりました
名前通り、いく筋もの筋から白い糸をたらしたようです
滝つぼの所に一番大きな滝があり、音が一層大きくなりました、水がエメラルドにみえます
上から見た滝の様子です
岩の層が2段になっているのが見えました
それから車で15分ほど行くと、これも富士山構成資産の”富士山本宮浅間大社”があります
マップのBあたりです、向こうにAの大きな鳥居が見えます
Gを過ぎて、Iの本殿にきました
背後の緑の森に赤い社殿が映えます
本殿の後ろは、見晴らしのよさそうな2階の作りになっています
大社の脇に湧玉池があります、富士山の裾野の際に当たる場所ですね
ここからも伏流水がわき出ているんですね
向こう側の池の淵にある岩からも水が噴き出しているのが見えます
日陰でお昼寝しているのはマガモ達です
それから1時間弱で沼津港に着きました
ちょうどお昼の時間です、しらすや生桜エビやら、いろいろ乗ってる海鮮どんぶりを食べました
それから沼津港深海水族館を見てきました
魚たちの動きに見入ってしまうやら、笑うやらで写真がすごく少なくなってしまいました
暗い深海でも、カラフルなのは何のため?
それぞれの個体が魅力的でした
山ばかり見てるので!?たまには気分転換しないとねっ