木曽駒ケ岳(2956m)
2018年10月 3日 4
時間30分 晴れ 3名

駒ヶ根ロープウェイを使って、中央アルプスの木曽駒ケ岳に登ります
駒ヶ根ICを降りて、5分もせず菅の台バスセンターに着き、路線バス〜ロープウェイを使って
ほぼ1800メートルも登り、千畳敷まで連れて行ってもらいます
バスの運転手のハンドルさばきに感動しつつ、全部で50分ほどで到着しました
ロープウェイを降りた途端、圧倒する光景です
千畳敷カールをバックに宝剣岳がそびえています
千畳敷カールを横切って、登り道に向かいます
ここから15分ほどの八丁坂まではハイキング気分で山の景色を味わえます
八丁坂を過ぎたらここからは登山になり、なかなかの岩場が待ち受けます
紅葉のピークで、しかも久し振りの晴天という事もあり、登山者が一列で登っております
30分ほど登りました、ロープウェイの建物もだいぶ小さくなってきました
それよりも、日本の屋根と言われる山々が連なっている壮観さにワクワクします
落石に注意しつつ、50分ほどのジグザグの登りを登り切りました、残りは半分です
広くて景色もよし!で休憩です
南アルプスの山々の向こうに、富士山も頭だけくっきり見えています
奇岩のかたまりがありました
すき間に足を入れて、ちょっとスリルを味わいます
どこを見ても、山が重なり、連なってどこまでも広がっています
中岳を越えます、一旦登り、また下って木曽駒ケ岳に向かいます
25分ほどで中岳の頂上に着きトイレ休憩をして、木曽駒ケ岳を目指します
八ヶ岳とは違い、岩肌がむき出しの所が多くあります
35分ほどで着く予定です、そろそろ頂上が見えてきたかな?
さぁ、もうひと頑張りです
時間どおりに2956メートルの頂上に着きました、360度の展望です
景色や、気持ちいい風に助けられて順調に登れました
頂上には2つの社殿がありました、お礼をして下ります
お昼までまだ時間があったので、乗越浄土まで行く事にしました
そこならお腹いっぱい食べても、下りだけになるので〜
斜面にへばりつくように山荘が見えます
木曽駒ヶ岳は
8時間以上かけて登るルートなどいくつもあります
乗越浄土の大岩の脇でランチをして、重くなった体でジグザグの道を下り始めます
登るときには気付かなかった、眼の前のオットセイ岩をゆっくり見ながら下ります
行くときには多かった登山者も分散したようで少なくなり、
自分のペースで何度も景色を振り返りつつ下りました
宝剣岳に立ち登るのは、雲??
ロープウェイに戻る手前で、少し回り道して千畳敷カールにある剣ヶ池を見に行きます
看板の前で景色を見おさめます
標高差1000メートルもあるロープウェイで一気に下ります
紅葉の錦や滝を見ながら、家路に着きました