日向山(ひなたやま)(1660m)
2017年 6月 23日4
時間30分 休憩1時間込み 晴れ 2名

最近毎年のように登っている、南アルプス山系の日向山です
足場がしっかりして歩きやすいのが魅力です
石の表面に、いろんな種類の苔が模様のようにくっついています
ヤマアジサイの時期で、あちこちで白い花に出会いました
標識がしっかりあります、まずは10分の1歩きました
ど根性の木を発見、岩のどこに根を張ってここまで大きくなれたのやら・・・
10分の2と3です、だんだん暑くなって帽子を取っちゃいました
木の根っこがまるで屋根のようになっています、
中にいるのは、石のお地蔵様??
10分の4と5です
半分登りました、まだ余裕〜?
鳥が種を運んだのか?不安定な枝の先に違う植物が育っています
10分の6と7です、そろそろお腹がすいてきたよ
頂上はまだか〜
ところどころ木の根が張った道を歩きます
10分の8と9に来ました〜、ヤッタねっ、ここからは緩やかな道になります
新緑の林を軽やかに歩きま〜す
赤い花を付けた木々はサラサドウダンです
見上げるような大木があちこちにあって、上ばかり見て歩きます
2時間で、頂上に着きました〜
花崗岩が風化した、白いさらさらの砂浜です
頂上までほとんど見晴らしがないので、頂上に着いた途端の
この見晴らしに、なぜか毎度ビックリさせられます
白樺も、枝をくねらせてたくましさを感じます
先端の大岩にへばりついたハイマツのかたまりも、けなげだなぁ
八ヶ岳はほとんど雪も溶けて、夏山の感じがします
景色もよし、日陰にもなるので、この立ってるあたりでお昼ご飯です
白州の道の駅で毎度調達する、山菜おこわやら、巻きずしやら・・・
斜面に出来た奇岩も、風化して少しづつ形が変わってるんだろうな〜
おしゃべりして、満腹になったし、さぁ下山です
帰りにまた白州に寄って、ソフトクリームを食べる予定で〜す
今日は途中で富士見町の井戸尻考古館に寄りました
考古館周辺の沼地に古代ハスがあるので、見に来ましたが7月にならないと咲かないそうです
代わりに!?スイレンが色とりどりに咲いていました
縄文時代の住居復元もあり、その脇にハクウンボクが満開に咲いていました
この八ヶ岳山系に縄文の村々がたくさん点在していました
同じ山を眺めていたんだなぁ〜と思わせるのどかな風景です
梅雨の晴れ間に、またどこかの山を歩きたいです